86@撃沈生活★ラオ

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

ルアンナムター撃沈3日目

寒い。寒気がヤバい

更に激しい腹痛のおまけつき。眩暈と吐き気も

赤痢か?と思ったが血便は出てないなヨカッタ。

トイレとオトモダチだよ!(笑

外に調達に出たかったが、無理だ、起き上がれない。

昨日、あの体調で往復20km走ったからな・・
流石に無理が過ぎたか・・

備蓄クッキーと水2Lで凌ぐ

頑張って店主のところに宿賃払いに行ったが、体はそれだけで死にそうになった。

ルアンナムター撃沈4日目

寒気が酷い。腹痛と下痢もだ。

眩暈と吐き気は収まった!

食料と水が底をつきた。

水は宿の主人に言ったらタダでくれた。ペットボトル何本でもどうぞとのこと。連泊サービスか?(笑
ありがたく頂戴しよう。

具合が悪いことを死にそうな顔で伝えると、宿代は後払いでOKとの配慮をいただけだ。

よかった。これで毎日部屋の外に行かなくて済む。

あとは食料か・・

俺は意を決して市場に買い出しに行った。

幸い、部屋には冷蔵庫がある

おかゆの缶詰、ヨーグルト、ゼリー、菓子を山ほど買ってきて冷蔵庫にぶっこんだ。

チャイナ式、朝粥かんずめ

外出で体力を使い果たした俺は、そのままベッドに倒れこんで意識が無くなった・・

ルアンナムター撃沈5日目、6日目、7日目

相変わらず症状は良くならない。

寒い・・・

寒気、腹痛、水下痢が続く

なんだこれは。本格的にぶり返したか・・

ビザの関係であんまり長く滞在できないんだけど・・

どうなるんだコレ(笑

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント