87@続・撃沈生活、迫る滞在期限★ラオス

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

ルアンナムター撃沈8日目

もう一週間か。

寒気がする。超寒い・・

そして、食料が再び底を尽いた。

腹痛は治まってきたんだが・・
水下痢はそのままだ。が、下痢の頻度は落ちた
体の中の悪いモノ(病原菌)は減ってきたかな??

食料が無いのはヤバいので、買い出しに出かけた。

前回と同じく、ヨーグルト、パン、ゼリー、菓子を山ほど。

粥か・・

店で粥を食った

しかし、この治りの遅さはどういうことだ?

帰りに薬局でよくわからんチャイナ薬を約700円で買って帰った。
チャイナ薬剤師曰く「食あたりに効くかもしれない」

チャイナ薬か、、

効くかどうか謎だが飲んでみるか。

帰って薬を飲んで寝た。

ルアンナムター撃沈9日目

相変わらずの寒気・・

寒気がするだけで行動する気が失せる。

腹も緩い。

つーか、滞在期限の15日が迫ってきた

明日か明後日(具合が悪くとも)発った方が良さそうだな・・

こんな国にいたら治るもんも治らねぇ。

飯食って薬飲んでグラブルして寝た。

ルアンナムター撃沈10日目

寒気が薄らいできたような??

腹は緩いが・・

ルアンナムター撃沈11日目

滞在期限のタイムリミットだ。行こう。

寒気が無くなった!

腹痛もなくなった!!

ギリギリセーフだな。

腹は相変わらず緩いが、休憩所で毎回便所に行けば何とかなるかもしれん。

バスの時間は調べてある。

俺は宿屋の主人に会いに行き、全宿賃を清算した。

また10kmこぐのか・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・

キコキコ・・

ゆっくりこいだ。体へ負担をかけないようにせねば・・

バス停についた。

はぁはぁはぁ・・・・
疲れた。

大丈夫、まだイケる

俺はウドムサイ行のバスに乗り込んだのだった。

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント