23@中華列車旅★中国

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

上海行のバスに乗り込んだ俺は、バスの中で爆睡していた。

zzzzzzzzzz

zzzzzz

・・・・・

着いたみたいだな・・・

バスの荷台に乗せてもらったチャリを回収。

その足で上海南駅にむかう。

上海南駅
切符購入

切符購入とかかなり不安だったが、順調だな。
この調子でいこう

なんだこれ?

あとは、チャリだな・・

購入窓口の駅員に聞いたところ、チャリは荷受けセンターにもってけと言われた。

俺は気合で荷受けセンターを探り当てた。

上海南荷受けセンター

なんとか無事?チャリを預けることができた。

南寧にちゃんと届くことを祈るか。

腹減ったな。飯食うか

謎の麺
味はまぁまぁ

その日は上海駅の近くの招待所(安宿)に泊まることにした。

店1「外人はダメ!」(中国語

店2「外人ダメ!」(中国語

相変わらず外国人お断りの店が多いな・・・

店3「おっけー!」

3件目にしてOKをもらう。

明日の列車時刻は昼前か。

ゆっくり出来そうだな~

次の日・・

おはカレー?
味はまあまあ

上海南駅にいくぞ!

しっかしホームに入るのに2回も検問と荷物チェックがあるのが、かなりうざい。

テロ特別警戒中なんか??

ホームに入る
列車かっけぇ
一体何両編成なのか・・

俺は列車に乗り込んだ

俺のベッド

3段ベッドの中段か。
一番上じゃなくてマジでよかった。

腹が減ったな。

カップラーメンを取り出そうとしたところで、車内販売がやってきた。

駅弁ならぬ列車弁か。

気になるな。

買ってみるか。

じゃーん!
なんかマズそうだな・・
なにこのでかい唐辛子

見た目を裏切らず、弁当は不味かった。

南寧まで数十時間。

くつろぐ中華人民の方々

俺は周りの中国人と列車に揺られて過ごした。

南寧まだかな~~

続く

★過去の旅行記はこちら

①海外格安航空券予約

②海外現地ツアー予約

③海外格安レンタカー予約

コメント