206@カトヴィツェの安宿★ポーランド

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

おはクラクフ!

負の世界遺産、アウシュヴィッツ絶滅収容所を射程圏内に収め、本日訪問予定だったのだが問題が生じた。

明日から3日間、大雨予定なのである。

アウシュビッツ周辺のオフィシエンチムに安宿などない。

ということで、周辺都市のカトヴィツェの安宿で雨をやり過ごし、アウシュビッツに行くことに

さぁいこう。明日からは天気が崩れる。

早めに目的地についておこう。

田舎道を行く

途中、凄いダート道とかあってきつかった

しかしパンクはしなかった

やはりマウンテンタイヤは違うな~

頼もしいぜ・・

木のトンネルをくぐって・・
小雨が降ってきた
きついな~

きこきこ・・

・・

安宿についた。

食料品でも買い込んで引きこもり体制に入ろう。

wifi完備
もつ鍋

調理設備は無かったので、アゼルバイジャンで購入した電熱コイルを使って部屋で調理。

うめぇ

栄養価が高い良い飯だ。

グラブって寝た

カトヴィツェ2日目

予報通り朝から大雨。

グラブルグラブル!

カトヴィツェ3日目

今日も大雨。

買い込んだ食料で今日も鍋。

ソシャゲに励む

外れ!

明日は晴れそうだな。

俺は出発の用意を始めるのだった。

本日の走行距離:約70km

クラクフ郊外→カトヴィツェ安宿

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント