159@バクーでマッタリ★アゼルバイジャン

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

おはバクー!

清々しい朝!!

朝早すぎてあんまり人いない

今日はバクーを散策してみよう

マックを見つけた。

・・・・

この国のマクドナルドは高い~。

コーヒーとバーガー単品ずつ頼もうとしたら9マナト(600円)らしく頼むのやめた。

日本ならハンバーガーセットが食えそうだが。

外国では安いポテトすら日本と同じくらいした。

だめだ。マックを使うのはやめよう。

中東や途上国ではマクドナルドは高級料理らしいが、そういうことなんだろうか。
日本と味は変わらなさそうだが。

カフェで飯をくうか。これで1.8マナト。(120円ほど)
マクドナルドに比べるとすごく良心的な価格
サイドポーチ購入

バクー市街のユナイテッドスポーツで新しいサイドポーチ(約2000円)を買う。
フィット感がかなりいい。
首都の正規店だし今度は大丈夫だろ~

*2週間前にカザフスタンのマーケットで500円で買ったadidasのサイドポーチ(本物か怪しいが)は1日で壊れた

続いてチャリ屋へ

カザフのシムケントでパンクしたチューブを修理
1マナト(66円)

腹減ったので飯を食うか
朝飯からあんまり時間たってないけど妙に腹が減るな

昼飯のカレーっぽいもの
マーケットではナッツがいっぱい売られてた

穀物売り場。量り売りしている。

この袋に鳩がダイブして豆を食っている現場を目撃してしまった。

俺は菌とかはあんま気にせんが、鳩を筆頭に野生の鳥類には寄生虫がいる。

ナッツ類は洗ったり加熱して食うものでもないので買う気が全く起きねえ。
かなりの率で寄生虫にやられそうである。

新鮮な野菜が食べたい

カザフスタンで買ったマヨネーズとかケチャップがあるのでサラダが食いたくなった。
しかし今日の宿に自炊設備はない。
皿もないがナイフと缶詰はある。
とりあえずナイフで缶詰を空けて食う。
マーケットで買った野菜
缶詰にきゅうりとトマトを切って叩き込んだ。マヨネーズで完食。
缶詰は普通に皿になるな。
これからは常に一つ常備するか。

野菜は全部で80円くらいだった。安いな!

巨大マーケットて少数買おうとしたら、おばさんが金いらんから持ってけとビニールに詰め出したので、静止して1マナト払ってお礼言って去った

やさい写真は食ったあとに撮ったので実際はもっとたくさんあった。

2日目、若干寒気がしだした。

もしかしたら生野菜が原因だろうか。

3日目、 今日出発したいが向かい風である。明日は追い風なので、待つか..

ホテルの無料朝飯。かなり良い。夜はビールジョッキ66円で飲める。
レストランで食ったカレーっぽいもの。

料金はおかずとご飯を別々に支払うスタイル。

昨日街のカフェで食った似たものより2倍近くしたので、伝票確認したら白飯がプロフ(炊きこみ飯)で計上されていた

当然突っ込みにいったら、アゼルバイジャンは白飯をプロフというんだ!で通された。

ライスはduyuだろうが。揉めるのも面倒なので下がったが。
この国も商人は全く信用ならないな。

隙あらば詐欺してくるのでめんどくさすぎる。

次回からは、

こちらの人間は宗教が大事みたいだし、嘘ついてるっぽい人間には
お前らの神に誓ってそういえるか?」とでも聞いてみるかな。

バクーの海
石油がいっぱい取れるらしい
きれいだな~

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント