車タイヤ交換をケチって劣化タイヤを使い続けるとどうなるのか?整備士さんに聞いてみた

車のタイヤがパンクして初めて交換にいってきたんですが、
整備士さんに色々話を聞いたので備忘録に書いておきます。

スポンサーリンク

〇タイヤの寿命が迫ってたとして、交換するお金がもったいないとか言ってケチって交換しないとどうなりますかね~?って質問してみました(笑

整備士さん、苦笑いしながら答えてくれました。
(アホな質問してごめんなさい(笑

劣化タイヤ使用によるデメリット

①燃費が悪くなる

②パンクしやすくなる
*ゴム劣化により異物もタイヤに刺さったりしやすくなる、バーストの危険も増大する

③走行時に異音がするようになる
(路面の音を拾いやすくなる)

④高速走行時にふらつきが出るようになる

やはりロクなことがなさそうです。
大人しく交換した方がよさそうですね・・・!

〇パンクしたタイヤは一本のみでしたが、4本交換を勧められました。

理由:前回交換後4年が経過している

タイヤ一本のみ交換したらどうなりますかね~って聞いてみました

タイヤ一本のみの交換は、摩耗しているタイヤと摩耗していないタイヤを使用することになり、車高に差異が出る。
→車やタイヤへのダメージが出るので基本的にはダメ

基本4本全交換

次点で2本交換
(前輪のみ交換、後輪のみ交換)

重要:タイヤ交換時期の目安

・使用歴4~5年
(タイヤが何年製かは、タイヤ側面に書いてある

・溝寿命
(タイヤが擦り切れて溝がなくなった時

コメント