81@食中毒でダウン♡ラオ飯★ラオス

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

ウドムサイ2日目・・

だめだ。ベッドから起き上がれない

寒くて寒くて体がだるい。

そしてトイレとオトモダチである
もう出るものは何もないはずなんだが、水便がひっきりなしに出る。

出すばっかりじゃマズいな。
栄養を採らないと、、、食わねばシヌ。

食欲は全くないが、がんばるか。

俺は昨日買ってきたヨーグルトとゼリーを食った。

備蓄食のクッキーもいっとくか・・

水は・・・あと1Lあるな。

宿の主にもう一泊する旨と金を支払い、ベッドに倒れこんで昏倒した。

・・・・・・・・・

・・・・

ウドムサイ3日目

寒い・・・

このままではヤバい。

食料が尽きた

しかし食料調達する気力は無い

ベッドから動きたくない

飯提供のある宿を探して移るか。

もう金とか効率とか考えている場合ではない。

俺はネットを検索し、ビュッフェのある比較的良いチャイナ宿を探し出した。

俺は気力を振り縛って荷支度をし、宿を移したのだった。

移動ついでに食料調達もしておいた。

チャイナ宿にて・・

一階の広い部屋を宛がってもらえた!

廊下にウォーターサーバーが!!

素晴らしい。

水の心配をしなくてよくなったぞ!!!

しかし相変わらず寒い。

無理に動いたためか、非常に調子が悪い。

液状食料を食って水を飲んで、ダウン。

・・・・・・・

・・・

ウドムサイ4日目、5日目、6日目、7日目

朝、ビュッフェの時間に起きだす

フルーツ、ヨーグルト、ジュース、パンを山盛り皿に盛って、部屋に持って帰る。

宿主人に金払ってもう一泊連絡

部屋でダウン
+時々メシを採る

以上繰り返し

7日目夜、、寒気が止まった!!!!

ようやく回復してきたのだった。

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント