160@近東情勢と進路★アゼルバイジャン

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

おはバクー!!

さてこれからどうするか・・

当初の予定では、アゼルバイジャン→アルメニアに抜けたかったのだが、どうも様子がおかしい。

アゼルバイジャン人に聞き込みをしてみた。

・・・・・

現在アルメニア⇔アゼルバイジャンは戦争中らしい。

国境付近は危険だから絶対に近づくなとのことである。

よりによって戦争か・・・シャレにならんな。

アルメニアは美人が多いらしいから行きたかったんだけどな~

アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニアはのルートはどうなんか聞いてみた。

近東周辺図
アルメニア⇔アゼルバイジャンは戦争中!!

結論から言うと、いったんアゼルバイジャンに入ってしまうと入国は厳しいらしい。

どうやら、スパイ疑惑がかけられるみたいだ。

なんだよスパイ疑惑て・・こわっ!笑

銃殺とかされたくないので、アルメニアは回避するか

ということで、アゼル→ジョージアルートでカスピ海沿岸→黒海沿岸に抜けよう!

アゼルバイジャンからジョージアまで自転車で駆け抜けると900km。
アゼルバイジャンは朝は山から、夕方〜夜は海から強風が吹くっぽい。
基本、午後走ることになりそうだ。

4日目、完全に体力は戻った。寒気も消えた。

寝坊したので昼過ぎになったが、出発しよう。

ん??

町中に柵があって外に出れない!

至る所に柵がある。

というか柵に包囲されてる

初日も思ったが、どうなてんだこの街は??

街の道路をF1サーキット場にしてるみたいだ

マジなのか。

まだレース前らしく、横断させてくれた↑

路地を通って・・
早くバクーを抜けよう

レースが始まったらどうなるか分からない。

バイバイ、バクー!!

バクーを抜けた

海岸沿いの道路が気持ちいい

歩道などない。危ないな~

疲れた。カフェで休もう

カフェへ

カフェにはおっさんがいっぱいいた。

日本から来たというと人気者になった。

おっさん「一緒に写真とってくれ!」

俺「ええで」

チャリダーのおっさんたちと記念撮影
みんな顔が濃ゆいな!

しばらくマッタリした後、
おっさんたちにお別れして先に進んだ

・・・・・・・

きこきこ・・

・・

パァン!!

タイヤがパンクした。

マジか~~

・・・近くに店も民家もないな。

荒野である。

道路で直すか。仕方ない。

ぼきっ

タイヤ外すへらが折れた。

マジか~~~~

???「大丈夫か??」

カフェで写真撮ったチャリダーのおっさんが話しかけてきた。

同じ道を走行してたらしい。

なんというタイミング。

俺「修理手伝ってくれ」

おっさんはチャリ修理を手伝ってくれた。

カチャカチャ・・・・

・・・・・

・・

チャリは直った。

おっさん、マジで助かったぜ・・

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント