80@超大当たり★ラオス

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

おはウドムサイ!

今日も元気である!

バスに乗ってルアンナムターいくぞ!!

バスまで結構時間あるな~~

食堂で、飯食っていくか

俺は大衆食堂に入っていった。

俺はこんな飯をくった。

肉乗せごはんである。

超うまそう。

うまうま・・・うまうま・・

普通に美味かった。

まだバスまで時間あるな~~~

どうしようかな~

ウドムサイの町でも散策するか!

マーケットを見てみることにした俺は市場に繰り出した。

・・・・3分くらいたったころ・・

ん?

なんだか体がおかしいような・・??

ガクガク、ガクガク・・・・

震えが止まらない、冷や汗が・・・

そしてやってくる猛烈な寒気!!

うわぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

なんだかしらんがコレはやばい。

震えが・・

今にもひっくり返りそうである。

俺はとりあえず落ち着いて考えた

・・・・・・・

・・・

(倒れる前に)即刻宿に戻ろう。

寝れば治るかもしれない。

俺は最後の力を振り絞って、ヨーグルトとゼリーと水を買い込み、宿に戻った。

俺は意味不明な寒気に襲われ、宿に戻った。

そして毛布に包まりひっくり返ってダウンした。

昏倒・・

・・・・・・・・

・・・

夜中、猛烈な寒気で、寒くて寒くて寝られなくなり目が覚めた、

持っている衣服を全て着込み、寝袋を引っ張り出してくるまった。

・・・・・・・・

さ、寒い・・死ヌ・・

・・

俺はベッドの中でガクガクしながら考えた

まさかこれは・・・大当たりしたか・・?

いやしかし、俺は胃腸は丈夫な方でそうそう当たったりしないんだが・・??
海外で生水のんでも割と平気なくらいは強いぞ・・?

いや、、まぁ普通に考えたらあの肉飯に間違いないよなぁ・・

あぁああぁぁぁ寒い・・

だめだ寝よう・・

ウドムサイ町中詳細図

ドクロが当たった店。

胃腸が丈夫な方、地雷飯観光にどうぞ・・・

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント