164@イエブラフでさ迷う★アゼルバイジャン

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

キュルダミル2日目

あいにくの雨である。

疲れも溜まってるし丁度いいな。

もう一泊するとしよう。

レストランは高いし、スーパーで缶詰とパンでも仕入れて食うか。

スーパーで仕入れたメシ

キュルダミル3日目

晴れた。

疲労の為か寝坊したが、今日はイェブラフまで頑張ろう。

昼過ぎにキュルダミルを発った。

昼飯のでかいパン

キコキコ・・

はぁはぁ。。

今日は向かい風
きついな
一日中向かい風
なにこの建物
まだまだ続く
カフェで人気者に

アゼルバイジャン人、社交的だな!

やばい、日が暮れてきた
イェブラフの町についた

宿が見つからない、、、

人づて、地図検索などあらゆる方法を駆使して3件回ったが、どこもやってなかった。

これはテントか。。?

俺は道行く人に聞き込みを続け、なんとか宿を見つけた。

今日は早めに休もう

zzzz

イエブラフの町
日が暮れる中、宿を探してかなりさ迷った
アゼルバイジャンももう半分以上来たな~

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント