鎮痛剤ロキソニンは副作用が怖い!?痛み止め効果のある自然食品のご紹介

雑記

みなさんこんにちは。
突然ですが、管理人は日々偏頭痛に悩まされております。

こやつらは突然やってくるため、非常に厄介です。対処しないと何もできなくなる為鎮剤が必要になります。

しかし、鎮痛剤で有名なロキソニンには副作用もたくさんあります。

ロキソニンの副作用

主なロキソニンの副作用は
胃の不快感、食欲不振、眠気、下痢、過敏症、のどの渇き、血圧異常、しびれ、眩暈
などがあり、健康面を考えるとあまり飲みたくないのが本音ですよね。

また、胎児への影響があるので、妊婦さんは飲むのは絶対にやめましょう。

痛み止め効果のある自然食品

①頭痛にはコーヒー

コーヒーは私も大好きでよく飲みますが、鎮痛効果があるのは驚きですね!
カフェインには血管を収縮させる作用がある為、痛みを抑えてくれます。
但し、飲み過ぎると逆に痛みを悪化させてしまうので要注意です。

②関節痛には魚油(オメガ3)

オメガ3を多く含む魚油には関節痛や片頭痛に効果があると言われています。
サバ缶などの魚の缶詰は効率よくオメガ3を摂取できるためお勧めです。
また、アマニ油やエゴマ油にも多く含まれるといわれています。

個人的には保存が効く上、食べやすいサバ缶が一押しです。

③月経痛にはハーブティーを

月経痛にはホルモンバランスを整え、体を温めイライラを解消してくれる効果のあるハーブティーがお勧めです。特に効果的なのはラズベリーやカモミール、ジンジャーと言われています。
ハーブティーは飲むと気分も落ち着きますよね。

④ 抗炎症 作用のあるスパイス

ターメリックやウコン、唐辛子などのスパイス類は抗炎症の化合物を沢山含んでおり鎮痛効果が高いため、「天然の鎮痛剤」と呼ばれるほどです。
しかし、唐辛子は手に着いたら逆に痛みが倍増しますね。注意しましょう。

コメント