ぽっぽカフェ@広島の発達障害当事者会のレビュー

当事者会

開催頻度・開催場所等

開催頻度:月2回

*平日版:ぽっぽカフェ Weekday
主な開催場所: 社会福祉法人 福祉の郷 なないろ作業所
住所: 〒735-0013 広島県安芸郡府中町浜田3丁目9-1
平均的な規模:6~10人

*休日版:ぽっぽカフェ Sunday
主な開催場所: 三篠公民館
住所:広島市西区打越町10番23号
平均的な規模:10~20人

ホームページ:http://poppo-cafe.site/

主な運営者:「ぽっぽカフェの朋さん」、パートナーの「ワシオ氏」他3名。

運営ツイッター:

参加費:200円

所感

・週末は横川、平日は府中で開催している。
*予約不要・飛び入り参加OK・途中参加・早退OK。

・恐らく広島市内で最も規模の大きな当事者会。

・週末は人多め、平日は週末に比べたら少ない。

・ドリンク持ち込み推奨。大抵の場合、参加者がお菓子を持ってきてみんなに配っている。

・常連参加者はADHD特性により社会生活で非常に苦労されてきたと思われる方が多い。発達特性の痛みや苦労を解ってくれる方が多く、基本的には否定されることもないので話せば心が軽くなるだろう。

・宗教マルチ等、各種勧誘やナンパ行為はNGで、そういった行為が発覚した場合、出禁措置となる(実績有)

・当事者はADHD、LDやアスペルガーがいる。

当事者会の流れ

・最初は自己紹介から始まり、テーマに沿って各自が話すトークタイムする(一人当たりのMAX時間があるので誰かがしゃべりすぎることはない、しゃべりたくない人は聞き専門でもOK)

・最後に完全自由トーク時間になる。時間構成はテーマトーク1.5時間、フリートーク1.5時間の計3時間ほど。カフェやファミレスでコーヒーをのみながらの2次会もある。参加は自由。
・結構多めの潜在メンバー(30人越え?)を抱えているようなので、毎回違う人に会えるかもといった楽しみもあるかもしれない。

*人が多いのは、色々な人と知り合えることがメリットだが、
部屋の人口密度が上がり居心地が悪くなる、相対的に一人当たりのしゃべる時間が減る(場合によってはほとんど聞き専門になる)、部屋全体の声量が増え聴覚過敏などの方は気になるかもしれない、等のデメリットも存在することは頭に入れておこう。



**注意:こちらのデータは2019年1月に管理人が参加した時のものとなります。待遇等更新されている可能性があります。
また、こちらは全て管理人主観の記事です。

障害者転職サポート【dodaチャレンジ】

障害者の就・転職サポートアットジーピー【atGP】


コメント