54@国境近くの町、ジャライへ★ベトナム

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

2日くらいマッタリした俺は、そろそろ行くことにした。

現在地はプレイク。

カンボジア国境が近いな。。

折角だから国境越えしてみるか。

さてさて、どうなるかな・・・??

いくでー!!

俺はジャライを目指し、ひた走った。

・・・・・・・

・・・・

ジャライの町へ

晴れてて気持ちいい。

俺は、久しぶりに晴れた道を走れて最高の気分だった。

これまで、ずーーーーーーーっと雨だったからなぁ・・

若干向かい風でアップダウンも激しいが、雨が降ってないだけで全然いいわ。

これからも降らなかったらいいなぁ・・

カフェで休憩しながらひたすらこぐ・・

・・・・・・・

・・・

ジャライについた。

俺は早速宿に入った。

・・・・・・・・

OHここはだいぶ汚いな(笑

どれくらい汚いかというと、

日本人女性が入ったら泣いて逃げ出すくらいだろうか(笑

宿賃は・・・

15万ドン(750円くらい)か・・・

ここに15万はきついな。

5万なら考えてもいいんだが。

俺は保留して違う宿を探した。

幸い、もう少しまともな宿を20万で発見した俺はそこで休むことにした。

さて、ジャライ散策でもしてみっか

宿のまわり
なかなか気合の入った田舎っぷりだな
ジャライの市場
ババアがナニかをさばいている

そういえばカンボジアはビザがいるんだったな・・・

写真撮りに行くか(ビザに必要

俺は気合で写真屋を探し出した

そして写真撮影をしてもらった!!!

謎のPOKEMONショップ
中はポケモングッズのあるカフェだった(笑
町の電気屋に入ってみた
モビスターとかいうよくわからんスマホが!!!
ベトナムでもメジャーなバブルティー(タピオカティー)

そして俺はカフェでマッタリした。

カフェのあと、モバイルバッテリーが無いことに気づき大騒ぎする(俺の中で)ハメに

モバイルバッテリーはカフェにあった。

焦ったぜ・・

本日の走行距離:約53km

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント