49@クイニョンにて★ベトナム

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

ぶろろろろろろr・・・・

クイニョンにバスがついた。

外は大嵐である

この嵐のなか、外出てくの俺??

うへぇ・・

無情にも運ちゃんは俺の パンクしたチャリを 大雨の中に降ろした

行くか・・

とりあえず、近くのショッピングモールに駆け込み(モールがあった超ラッキー)これからどうするかマップとにらめっこを始めた。

・・・・・・・・

400mくらい先に宿があるな。

今日はココで泊まろう。

選択の余地はない。

俺は大雨の中、気合で宿までチャリを押していった。

次の日・・・

前日があまりに過酷だったためか体力を使い果たしていた

体がだるくて動かん・・

今日はベッドでグラブルだなこれは。。

次の次の日・・・

今日も大雨。キッツイぜ。

体力が戻ってきた。

パンクしたチャリを何とかせねば・・

足が無いと話にならん。

まぁ明日は曇りくらいにはなるかもしれん。

もう一日引き籠るか。

さて、古戦場(グラブル)やるか
俺は久しぶりに古戦場で大活躍した

更に次の日

今日は・・曇りだな!

チャンス!!!

俺はタクシーをひっ捕まえ、チャリ屋がある(と思われる)場所までチャリと一緒に行った。

1件目・・・

店などねぇ・・(笑

2軒目・・・

何もねぇヨおい、更地じゃねーか(笑

俺はグーグルマップにしてやられた。

雨まで降ってきやがったw

タクシーから降りた俺は現地調査することにした。

気合で聞き込みダーやったね~!

小太りのおっさんに話しかけた!

「パンクして困ってるんだ!助けてくれ!!」

身振り手振りで困ってるのをアピールしてチャリを見せたら、おっさんは頷き、ついてこいとジェスチャーが!

よし、完璧だ。

おっさんに感謝。

俺は路地の奥にあるチャリ屋を気合で見つけ出したのだった。

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント