198@リヴィヴ赤貧生活★ウクライナ

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

リヴィヴ滞在2日目

激安ホステル。居心地は悪くない

暇だし、チューブの修復とチャリの掃除をした。

時間はたっぷりあるのでゆっくりやろう。

今日のメシ

ふかしいも卵和え、コンソメ風

リヴィヴ滞在3日目

自転車の部品を買って整備したいが、金がないな~

どうすっかな~~

スタンドが折れて不便すぎる。

凄いストレスだ。

もういいや買っちまえ。

おニュースタンド

うむ、ぴかぴかでかっこいい。

自転車はこの旅の生命線なので、自分のことよりも優先してしまうな。

財布は更に軽くなったが悔いはない。

愛用の帽子

リヴィヴ滞在4日目

ひもじいのが辛い。

イモを食って凌いではいるが・・・

もういいや、食材消費して作るか

貴重な食材を使いオムレツを作る

リヴィヴ滞在5日目

今日もオムレツとパン。

リヴィヴ中央郵便局行ってみるか。

連絡は無いが、もしかしたら着いているかもしれん。

郵便局へ

誘惑に負けてパンを買う(1こ約30円)
更に財布が軽くなった!!

中心街は賑わってんな

街歩きはたのしい

ソフトクリーム(約60円)を買う
もう知らん。

ケーブルとヘッドホン

金が入ったら買いにこようかな~~

リヴィヴ中央郵便局に着いた

結論から言うと、まだカードは届いてなかった。

大変困ってる旨を伝えると、届き次第、即メールくれるという約束をしてもらえた。

今日は散財したな~
*どんだけ金ないんだ俺は。


俺の脇が甘かったのもあるが、こんなことになる原因を作ったロマ共め、あいつら絶対許さん

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント