192@シレトのおっさん★ルーマニア

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

カードが紛失した今、

これからどうするか決めなければならない

カード再発行はした。
→新カード到着までの期間は2~3週間だと思われる

その間ここに留まるのは色々と効率が悪いな。

よって、カードはウクライナ、リヴィヴの郵便局留輸送にして、2~3週間以内にたどり着くことを目標とする。
ウクライナは物価が超安いので、滞在するならポーランド国境の近いここ一択だろう。
資金も限られている。

これからは超節約しよう。

ウクライナのリヴィヴへ!!

そうと決まれば、とっとと行った方が良いな。

明日にでも発つか。

ポトシャニ2日目

とりあえず、チェルノフツィを目指すか。

さらばポトシャニ

一刻も早くウクライナに入ろう。

正直ルーマニアは治安がアレ過ぎるのでもう居たくない

目標はリヴィヴまで2週間で行くこと!

急げ急げ

と思ったら雨が降ってきた

店の中で雨宿りするかな

カフェでも飲むか
スロットがあるぞ

3段4列スロット!!
変わってるな~~

スロットは興味ないのでスルーだな

雨がやんだ。

いくか

きこきこ・・・

・・

田舎道を行く

今日はこのあたりで休もう。

俺は適当なホテルに入って休むのだった。

本日の夕飯:ビールとチキンとフライライスとサラダ

次の日

昼過ぎくらいからこぎだして、夕方には国境の町、シレトについた。

途中うまそうなレストランがあったが、メニュー・料金が読めないので入るのを断念した
金は節約せねば・・

はらへった・・

シレト着

ここでやることは3つ

ルーマニア紙幣の両替(ルーマニア→ウクライナ)
食料の確保
宿の確保

である

しっかし、この町安宿がないなぁ

思うような宿が見つからなかったので、先に食料を確保しようとスーパーマーケットに行った。

・・・・

食料GET!!

腹が減りすぎていたので、スーパーの前で食料をパクパクした。

もう真っ暗だな・・

暗い中宿探しか・・

俺は地図を開いた。

おっさん「君、旅人かい?」

変なおっさんが話しかけてきた。

おっさんをよく観察してみた

いい人オーラ全開の人の良さそうな顔してんな~
ロマのような危険な香りは全くしない。

警戒はしつつ話してみるか。

俺「旅人だよ。両替所と安宿探してるんだけど、いいとこ知らないかな??」

おっさん「両替所は今日はもう閉まってるよ。安宿はこの町には無いなぁ・・うちの離れをゲストハウスに改造中なんだけど、よかったら泊まる?一泊800円でいいよ。僕も昔旅してたから、何か力になりたいんだ」

おっさんは人の良さそうな顔でニコニコしていた。

ここまでで、おっさんから詐欺師の気配はしないな。
もしロマだとしたら、こんな回りくどい手口は使わないだろう。

おっさんはレートがいい両替所を教えてくれた。
ありがと、助かるわ。

俺はおっさんの車に案内してもらい、おっさんの家+離れに行った。

・・・・・

・・

離れ、中々汚かった。
でも整理さてないだけの汚さで、衛生面は問題なさそうだ。
部屋にはタンスとか本棚が無造作に散乱していたが、使うのはベッドだけだしまあいいか。
ベッドのシーツは変えてくれた。

念のためシーツの上に寝袋しいて寝ればよい。

俺は離れで飯を食って爆睡したのだった。

おっさんと俺
人の良さそうな顔だな~

2日間の走行距離:約65km

ウクライナ/ルーマニア国境まであと少し

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント