169@山の上の修道院★ジョージア

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

ティビリシ4日目

疲れが完全に消えた。

そろそろ次行くか

ムツヘタの方へ向かってみるかな

大した距離ではなさそうだ
ティビリシ市街を走る
石畳は厄介だ。こぎづらい。
クラ川。イイ感じ
なにこの凄いマンション
レゴブロックか!!

ティビリシ郊外まで来た。

ん?

なんだあれは?

山の上に何か見えるぞ

ジワリ修道院というらしい。
いかねば

標高差200mか・・
まぁ何とかなるだろ

ほとんど登山だよ!

はぁはぁ・・

大荷物抱えて登山はきっつい。

はぁはぁ・・

見えてきた
きつかった
あと少し
ついた
凄い眺めだな!!

修道院の前にはやはりこじきのババアがいた

またもや金くれ言ってきたので、

むしろ俺に金くれ、0.5ラリな。はよはよ」てせがんでみた。

ババアは「NoNo」言ってた。

来てよかったぜ
なかみ

ろうそくが25〜150円くらいで売ってた。
スルーしたが、ここはかなり苦労してきたので一本記念に火を付けとくんだった。

帰り道・

山の下りは快適だった。

びゅーん!!

昼過ぎ、ムツヘタの宿に着いた

探し出すのがめちゃ大変だった。

ジョージアのゲストハウスは看板も何もついていないとこばかりなので探すのにかなり苦労する。オーナーに電話しないとたどり着けないのはどうなんだよ。

目の前までついても、そこが民家なのかゲストハウスなのか判別がつかないのである。

宿からの眺め。いいけしき
ん?

ムツヘタでコーヒーでも飲みつつ適当に観光するつもりだったのだが、タイヤが裂けていた。
これはもうダメだ。とっとと替えねばパンクする。

・・自転車屋を探したが、 ムツヘタにそんなものはなかった。
バスでトリビシまで戻るか。

バスにのりこんでティビリシへ

・・・・・・

・・

ティビリシ着

修理屋の兄さんのところに行った。

新しいタイヤは無い。
古いのならタダでやるとのこと。
どうもジョージアはマウンテンバイクが主流でシティサイクルの細いタイヤはあまり売ってないらしい。

ここに無いなら恐らくこの町の他の自転車屋に行っても無いだろう。
古いのをもらい応急処置的に使うことにする。

タイヤだけもらい、再びバスでムツヘタへ

ティビリシ行きバス:
行き2ラリ、帰り1ラリ。

どういうことだよ(笑。

外国人は随所でぼったくられるな~

・・・・・

・・・

ムツヘタの宿でチャリを直す

直った

念のため、前輪と後輪のタイヤを入れ替える。

ジョージアで買ったチューブは空気がうまく入らず、宿のオーナーに車のコンプレッサーを使わせてもらって入れた結果、力がかかりすぎてチューブの首が曲がった。

また空気が抜けそうなきがする。明日まで様子見だな。

ムツヘタ観光

ジョージアは見所が多いなぁ

スブティツコベリ大聖堂へ行く
スブティツコベリ大聖堂

20:30 無数のコウモリが飛び交っていた。
恐らく大聖堂はコウモリの巣である。

しかし、20時まわってるのにあんまり暗くならないな。

ドレスコードあり。まじか

しかしみんなドレスコード無視して歩いてんな。
俺も気にしないことにするか。

一応聖堂内に入るのは自重した 。

21時の様子

日が照っていないので過ごしやすいが蚊が多い。ここらで退散するか。

本日の走行距離:約30km

山登ったり、タイヤ買いにティビリシ戻ったり大変だったぜ・・

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント