163@バイバイ、イラン人★アゼルバイジャン

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

イラン人との旅2日目

まさか一緒の部屋で寝ることになるとは。

早朝、俺たちは出発した。

しかし、この人たちはイランに帰るんだよな。

俺はジョージアを目指す。

同行できるのもあと少しだな。

キコキコ・・・

・・・

分かれ道まで来た。

俺たちはハジュガブルの町付近で握手して別れた。

もう会うことはないだろうが、同行楽しかったぜ!

イラン人は左の道
俺は右の道へ行く。ばいばい

さてキュルダミルの町を目指すとするか

きこきこ・・

休憩に立ち寄ったハジュガブルの売店で体をまさぐられた。
飛びのいて財布携帯チェックをしたが無事だった。

勝手に人に触ってくるんじゃねぇ。
盗賊かと思ったぜ。

午前中
凄まじい向かい風の中走る
超きっつい

はぁはぁ・・

立ち寄ったカフェでまたもや人気者に
ナイス笑顔
午後、午前中とは打って変わって凄い追い風になった。
風がぐいぐい押してくれる

最高だ。
道をかっ飛ばした。

ひまわりがきれい

・・・・・

・・

物凄い追い風のおかげで予定よりも早くキュルダミルについた。

疲れた。
前日は倉庫で寝たためあまり疲れはとれなかった。今日は早く休もう。

夜、レストランで飯を食ってると、アメリカ人のチャリダーが話しかけてきた。

チャリ企業スポンサーをバックにヨーロッパを走ってきたらしい。

ガンバ♡

本日の走行距離:約100km

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント