148@カザフの若者とビザラン★カザフスタン/キルギス

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

タラズ行のバスに乗り込み移動する

ぶろろろろr・・

・・

数時間後、(夜9時くらい

タラズに着いた。

辺りは真っ暗である。

高速道路?の路肩におろされた。

・・宿を探すか。

今日はゲストハウスに泊まろう

・・・・・

・・

俺は宿まで走り、チェックインした。

腹が減ったな・・

宿の隣のレストランに行ってみるか

・・・・

一人で飯を食っていると、カザフの若者集団が絡んできた

酔ってんな~(笑

調子よく合わせてビールで乾杯すると、仲良くなった。

カザフの若者と俺

みんなイケメンやな~
アジア系?

酔っていい感じ
いいじゃん(笑

俺はカザフの若者と盛り上がり、一緒にピザを食って別れた。

またな~!!

次の日

よし、ビザランしに国境いくぞ!

国境を目指せ!

平たんな道、往復で40kmか。楽勝だな。

タラズ市内を越えて・・

ひた走る・・

きこきこ・・

・・

カザフスタン/キルギス国境

ついた。

俺はサクッとビザランを完了した。

よし、これであと30日カザフスタンに滞在できるぜ。

タラズの町に戻ってバス停探すか・・

キコキコ・・・・

・・・

タラズ着

再びシムケントに行くか。

一回チャリで行ったのでもうバスでいいや。

バス停がみつからねぇ・・

バスの場所がわからねぇ・・

・・・

俺は聞き込みとかして気合でシムケント行のバスを探し出した

シムケント行のバスはバス停ではなく道端にとまっていた。
こんなん分かるか!(笑

シムケント行バス乗り場
目印なんもないよ!(笑
バスでタラズ→シムケントへ戻る
その後はアクタウを目指す

今後の予定

アクタウに行き、カスピ海を渡る手段を何としても見つけ出そう
(フェリーは無さそう

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント