118@ウルムチのクソタクシーと紙切れ寸前の列車チケット★中国

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話~

烏魯木斉についた

ウルムチ駅
(工事中?
駅構内

それはいいんだが、、、

ネットが使えない為、どこに行ったらええのかわからんwwww

すぐ出国予定なのでシムも買う気が起きない
(買おうにも簡単に外人には売ってくれないしな

とりあえず、ネットを使うためKFCに行ってチキンを食うことにする
自転車もネットもないため店を探すのも一苦労だ。

*ちなみに自転車は昆明→伊寧(カザフスタン国境近くの町)まで列車で送った。
ウルムチでは使えない。

・・・・・・・・・・

無料Wifiが使えねぇ・・

パスワードをメールで受け取らないとWifi使えない仕様みたいだ。
ネット出来ないからメールなど受け取れる筈も無い。
中国全般でこんな感じである。

30分市内を歩き回り、 wifiをメールロック無しで使える数少ない店を発見。
俺がんばった。

神の粥屋(Wifi的に

俺はネットで駅の場所、地図の更新等必要な情報を仕入れることに成功した!
*ちなみに中国はGOOGLEマップ様も使えない。ツイッターも使えない。
地図はバイドゥマップとかいうのに変更しなきゃいけないよ!

あと、なぜか情報収集するために日本のサイトにアクセスしようとするとあり得ないくらい速度がおちるんだよな~
気になったので調べてみた↓

→金盾という中国のネット監視システムが悪影響を与えている為らしい

またお前か金盾ww

この国はダメだ。不便すぎる、一刻も早く出国したい。

俺は烏魯木斉では宿泊せず、今夜発の夜行列車チケットを買うことにした。
ネットで即予約した。
一秒でも早く中国から出たい

・・・・

神の店でのネット俺調査によると、伊寧への列車は北ウルムチ駅からしか乗れないみたいだ。

絶妙に距離があるな・・
バスで行くか。

てくてく・・

・・

バスを下車したあと結構歩いたが何とか駅に着いた。

俺はウルムチ北駅でチケットを購入してのんびり待つことにした。

まだ19:00の出発時間まで3時間半もあるし余裕だな。

チケットセンターにて。

現金ギリギリだったがチケットはGETできた

でも現金がほぼなくなったな。

・・・・俺は駅周辺のATMに行ってみた。

国際キャッシュカード非対応ATMしか見つけられないな~

どうするか・・・

俺は話しかけてきたタクシー運転手に国際ATMの場所を聞いてみた。

運転手「場所知ってるよ乗れ

俺はタクシーに乗り込んだ。ATMで降ろしてタクシー代金払うと言っておいた。
どうせ近くにあるだろ。駅だしなここ

・・他の乗客も乗り込んできた。
タクシーで相乗りかw

・・・・・・・・

ん?この野郎、高速乗ってねぇか?

絶対駅近くに国際ATMあるはずなのに、金欲しいがために町中まで連行する気だこいつ

クソチャイナがwwwwwww

もううんざりだ駅でATM探してる人間捕まえて普通高速乗るか
マジでぶちコ〇してぇチャイナのクソ野郎
俺は中国でのこれまでのこともあり、かなり頭に血が上っていた。

俺は値段を確認しようとタクシーメーターを見た

ん?????

俺の見間違いか?なんで今18:10なんだ?

16:00くらいのハズでは・・・??

まさか・・・・時差か?

アイフォンにウルムチ時間とかいうのがあったから合わせていたんだが、、、、
現地の時間と2時間ずれてる・・・

ヤバい。

ヤバいやばいやばいやばい

発車は19:00だぞぉぉぉぉぉぉ!!!

俺は地図を見て、ここから北ウルムチ駅までの時間を推定した。

50分だ。急いでも45~50分はかかるぞこれぇ!!!!!

しかも今高速の上にいる&渋滞してる

出れねえ!

遅刻=列車チケットは紙切れだ。

クソチャイナが、マジでぶちコロすぞこのタクシー野郎

駅周辺にいればこんなことにはならなかったハズ・・

俺は本気のサツ意を覚えた。

いや、キレても事態は好転しない。

俺はチケットを見せながら交渉した。

俺「今すぐ降ろせ、このままでは列車に間に合わなくなる

運転手「ほかの乗客いるから無理

クソがwww

俺「イイから降ろせ。紙切れになったらチケット代金お前払えるのか?」

俺は大騒ぎして無理やり高速を降ろさせて、すぐ近くのATMに行かせた。

即ATMで金を降ろす。

やっぱ何処にでもあるじゃねぇか国際ATM

本当にコロしてぇこのクソタクシー野郎。

俺はタクシー代約500円を払い、他のタクシーを探した。

ヘイタクシーしたら、即座に見つかった

ラッキー!!

俺は金額交渉もせずに北ウルムチ駅へ急げ、とにかく急げと伝えた。

チケットの時間と俺のキレた顔を見た運転手は即座に猛スピードでかっ飛ばした!!

中国の列車は乗る前に検閲が2か所ある。

そこが混んでいたらもうアウトだ。が、とにかく急ぐしかない。

俺は運賃を聞いた。予め金を渡しておこう。着いたら即座に出るぞ。
価格は・・適正価格だな。ぼったくられても無理させてるから払うつもりだったがこいつはイイ奴だ。

しかもこいつデキる。
(最短だが混んでいる)高速は通らずに、距離はあるが空いている下道をかっ飛ばしてくれてる

これならば・・30分くらいで着けそうだ。イケるか??

・・・・・・・

18:50、ウルムチ北駅着!マジで30分で着いた素晴らしい。

運転手は「グッドラック(笑!」とか言ってたが、俺は会釈だけして走り出した!!
ありがと!

うおぉぉぉ

走れ!

無駄に広いな!

第一検閲所!!

めっちゃこんでるぅぅぅ!!!

アウトやんこれぇえええええ!!

俺は諦めず、検閲官のところまで走っていき、チケットとパスポートを見せてプレッシャーをかけた!!

俺「いますぐやってくれーー!!!!」

チケットを見た検閲官は即座に検閲を始めた!

やった!

第二検閲所!!!

第一検閲所の係員が俺についてきた!

検閲官と何か話したら、即検閲が始まり、すぐに終わった!

ホーム番号も教えてくれた!
感謝。

俺は礼をするとすぐにホームまで走り出した!!

走れ!!!

発車2分前・・

間に合った・・・・

俺はギリギリで列車に乗り込んだのだった・・

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント