112@ラオカイ追突コンボ事件★ベトナム

人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

~人生に絶望した発達障害者が、最期の場所を求め海外へ旅に出たお話

ラオカイまではバスで行くことにした。

ラオカイ → ハノイはもうチャリで走ったからな。
バスでいいや。

頑張ってハノイのバス停にたどりついたのだが・・

兄ちゃん「ラオカイ行のバスに自転車はのせれんぞ

マジか・・・・

仕方ない。列車を使うか。

列車もチャリ積載できるか微妙だが・・

行くしかない。

俺はハノイ駅に向かった。

果たして自転車積載は可能なのか・・?

俺は汗だくになってハノイ駅貨物受付に行った。

汗が気持ち悪いな。
俺は2Lペット水を頭から被った

受付ねーちゃん「ラオカイまでの自転車輸送費は6万ドン(300円)よ」

やすっ

貨物ホーム

俺は無事、自転車を貨物列車に積載した。

俺は夜行寝台列車でラオカイに行くか。

・・・

受付ネーちゃん「本日の夜行寝台席は売り切れよ!」

仕方ない。「ソフトシートエアコン付き」に乗るか。

運賃15万ドン(750円 )だった

安っ

列車にのりこむ

がだんごどん・・・

・・・・・

・・

次の日

列車がラオカイについた。

ラオカイ到着
ファランがおるで!
列車移動も悪くない
俺は鉄道が好きなんだ。

自転車も無事回収できた。

・・・・・・・・・

・・・・・

ラオカイの橋にて

ご機嫌でチャリを走らせていると・・

がっしゃーん!!!

俺は前方に吹っ飛んだ

こけてる俺を尻目にバイクに乗ったネーちゃんそのまま走り去っていった

ちょwwwww

俺は原付バイクに追突&ひき逃げのコンボを喰らったのだった(笑

続く

★過去の旅行記はこちら

コメント