パチンコ部品の解体作業員(障害者雇用枠)の発達障害者の就労経験談と感想|職業お勧め度は★3

職業お勧め度、★評価の目安

★☆☆☆☆1 ほぼ適性は無い。就労すると大変な目にあう。
★★☆☆☆2 多くの人に適性は無い。時々資質のある人がいる。
★★★☆☆3 適性がある人も無い人も多くいる。それは個人の資質や環境による。
★★★★☆4 普通に働くことができる人が多い
★★★★★5 発達障害を強みにできる可能性がある

実際に働いた発達障害者の方がそのお仕事をどのように感じているのかアンケートを取ってみました。

実際の経験を基にして発達障害者に向いているかも書いていただきましたので参考になると思います。

これからやってみようかな~など考えてる人は是非読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

愛知都のパチンコ部品の解体作業員Bさん(38歳)の体験談と感想

職種:作業員

障害の種類:アスペルガー

就労区分:障碍者雇用

就労地域:愛知県

最終的な給与:月収8万

業務内容

廃棄されたパチンコ台を買取、ドライバー等でネジを外し、プラスチック、基盤、モーターなどの部品に細分化して、仕分けしたのちに、それらを売却する仕事。

スポンサーリンク

働いて良かったと思う点・やりがいがあった点

集中して作業はできるが、スキルがつくわけでもないし、工具の使い方に慣れていないと、怪我をしたりする。

働いているときに困った点、苦労した点

障害者と健常者のかべを感じる。
経営者や監督者が、障害を理解しているようで理解していない。

対応が間違っているせいで、他の障害者とのトラブルが多かったり、仕事の振り方が微妙。
同じ仕事を一人の人間に振り続けるなど、おかしいと思うことが多い。

発達障害者は「パチンコ部品の解体作業員」に適性があると思いますか? わからない場合はあなた自身に適性があったかどうかお答えください。

一人で淡々と作業することが苦にならないな問題はないが、目が悪かったり、落ち着きがない、集中力がない人などの精神障害や一部の身体障碍者の方は作業できるが時間がかかるし、工具の使い方次第では怪我をするので、向かない人はむかないと感じる。

また、作業が一律ではないので、工程などを覚えたり、臨機応変に対応しないと解体できないので、ある程度の意思疎通できないと、業務が滞るし作業も遅くなるので、合う合わないが人によってあるように感じる。

人間関係はどうでしたか?

身体と精神の人両方が職場にいたが、身体系の人が精神系の障碍者に対する壁というか無理解ないし、下に見るような言動がある職場で、同じ障碍者でも理解しあうのは無理だなと感じた。

管理者や経営者にアドバイスしても、結局は意思疎通できる人間の方を優先しているように感じたし、言ったところでトラブルなどは解消しなかった。

辞める時はスムーズに辞めることができましたか? 就労継続中の場合は続けれている理由をお願いします。

経営者の無理解や仕事の振り方に疑問を感じて、退職することにしたが、スムーズとは言えなかった。

発達障害者へのお勧め度を教えてください:「パチンコ部品の解体作業員」のお勧め度3:★★★☆☆

女性の方もいたが、部品が汚れているし仕事によっては力がいるので人を選ぶ仕事だと思う。

コメント