観光施設の受付(契約社員)の発達障害者の就労経験談と感想|職業お勧め度は★3

接客販売業・飲食業

就労お勧め度、★評価の目安

★☆☆☆☆1 ほとんどの人に適性は無い。就労すると大変な目にあう。
★★☆☆☆2 多くの人に適性は無い。時々資質のある人がいる。
★★★☆☆3 適性があるかどうかは個人の資質による
★★★★☆4 普通に働くことができるひとが多い
★★★★★5 発達障害を強みにできる可能性がある

実際に働いた発達障害者の方がそのお仕事をどのように感じているのかアンケートを取ってみました。

実際の経験を基にして発達障害者に向いているかも書いていただきましたので参考になると思います。

これからやってみようかな~など考えてる人は是非読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

山口県の観光施設受付員Rさんの体験談と感想

業種/職種:サービス業/受付事務

就労地域:山口県

就労区分:契約社員

最終的な給与:月給約12万円

業務内容

観光施設の入館者への対応、切符の販売等を主に行っています。
出勤後にレジ立ち上げ、館内の運営や接客、簡単な日誌を記入して退勤というのが一日の大まかな流れです。
連休や年末年始でイベントが開催される時は、そちらのスタッフとして参加することもあります。

スポンサーリンク

働いて良かったと思う点・やりがいがあった点

事務作業は苦手ですが、人と話すことが好きな事と、歴史など調べたことを覚えておくのは得意なので、観光案内やお客様対応をしている時にやりがいを感じます。

また発達障害に理解のある職場で、上司や先輩方が特性を知って対応して下さっていることに感謝しています。

働いているときに困った点、苦労した点

事務作業がとにかく苦手です。
流れを覚えても要領が悪く、書き漏らしや小さなミスが多くて困る時があります。
特にトラブルや何らかのストレスで注意力が散漫になった時は失敗の連続で、仕事が嫌になる時もあります。
予定表などのカレンダーに基づく情報の整理が苦手な為、手帳とノートを持ち歩いて毎日日付を書くなどの工夫をしています。

発達障害者は「受付事務」に適性があると思いますか?

自分自身は向いていると思いますが、こだわりの強過ぎる方や他者とのコミュニケーションを取るのが苦手な方は向かないと思います。
まず、観光施設なので決まったお客様がほぼいらっしゃいません。私は決まり切った作業を続けることに苦痛を感じるタイプで、毎日の変化を楽しみにしています。

ルーティンを守りたいタイプの発達障害の方には、目まぐるしい環境に思えてしまう可能性があるので、あまりお勧めはしません。
またテンプレートはありますが、お客様のお問い合わせへの対応も千差万別す。
初対面の人との会話を楽しめる方は、この仕事も楽しめるかと思います。

人間関係はどうでしたか?

現在の仕事場での人間関係は概ね良好です。
発達障害に理解があったことが一番大きいです。
それ以外にも、シフト制で毎日顔を合わせるメンバーが違ったりと、摩擦が起きにくい環境であることも関係していると思っています。

発達障害者へのお勧め度を教えてください:「観光施設の受け付け」のお勧め度3:★★★☆☆

私には向いているお仕事ですが、違うタイプの発達障害の方に向いているとは限らないと感じます

 

*発達障害者の職業適性データを集めております。ぜひあなたの就労経験をお聞かせください。
貴方の経験が他の発達障害者の助けとなります。

コメント