医療事務(正社員)の発達障害者の就労経験談と感想|職業お勧め度は★2

事務職

就労お勧め度、★評価の目安

★☆☆☆☆1 ほとんどの人に適性は無い。就労すると大変な目にあう。
★★☆☆☆2 多くの人に適性は無い。時々資質のある人がいる。
★★★☆☆3 適性があるかどうかは個人の資質による
★★★★☆4 普通に働くことができるひとが多い
★★★★★5 発達障害を強みにできる可能性がある

実際に働いた発達障害者の方が自分のお仕事をどのように感じているのかアンケートを取ってみました。

実際の経験を基にして発達障害者に向いているかも書いていただきましたので参考になると思います。

これからやってみようかな~など考えてる人は是非読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

東京都の医療事務員Cさんの体験談と感想

業種/職種:医療事務

就労地域:東京都

就労区分:正社員

最終的な給与:月給約18万円

業務内容

医療事務として、受付業務や会計業務、月の始めから10日間まではレセプト業務に追われます。
レセプト業務が終わった後、集計業務もあります。
その他、返戻業務や再審査業務、その他にも書類作成業務など細かい業務もあります。

スポンサーリンク

働いて良かったと思う点・やりがいがあった点

一月の医療事務としての流れがわかり、どうしてこの業務があるのか全体を通してわかるようになった。
月の始めから10日間はレセプト業務に追われ、チェック業務がたくさんあるのでやりがいがあります。
集計業務でレセプトの総合計の点数が、エクセルで計算して、ぴったり合うと気持ち良いです。

働いているときに困った点、苦労した点

人に仕事を振ることが苦手で仕事を抱えこんでしまって、イライラしてしまうことが増えた。
精神的に不安定になってしまい気持ちの切り替えができず、上司に八つ当たりしてしまい、問題になった。

レセプト業務の時、忙しいのに、気が散ってしまってミスしたことを頭の中で、何度も反芻して後悔したり、違うことをボーッと考えるようになった。

発達障害者は「医療事務」に適性があると思いますか?

一月にやる業務は変わらないので、何度も同じことをやるのが得意な人は向いていると思います。
ひたすらレセプトが合っているか確認する業務が多いのでそれに耐えられるかどうかです。

また、計算が得意だと集計業務で役立つので重宝がられます。
病院だったので結構体育会系の雰囲気なので私には合わなかったです。
受付は接客業務に向いている人が合っていると思います。
私は愛想がないので任せてもらえなかったですが。

コツコツ仕事ができる人に向いているのではないかと思います。

人間関係はどうでしたか?

ベテランのパートさんや、仕事が早い女性が多い職場で先輩が多かったのと、人見知りだったのであまりうまく馴染めなかったです。

皆優しくて気を遣ってくれるのですが、私も気を遣って、なかなか前に踏み込めない感じでした。

辞める時はスムーズに辞めることができましたか?

今、休職中なので、辞めるか迷っています。経済面で逼迫すると思うので今ひとつ踏み込めません。

発達障害者へのお勧め度を教えてください:「医療事務」のお勧め度2:★★☆☆☆

レセプト業務での仕事の追われ具合に精神的に耐えられれば続けられると思いますが、長く続けるのは難しいと思います。

 

*発達障害者の職業適性データを集めております。ぜひあなたの就労経験をお聞かせください。
貴方の経験が他の発達障害者の助けとなります。

 

コメント