⑥北京観光と帰宅~激安中国旅行は事件がいっぱい!?~

中国スラム観光記
KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

北京に着いた。

列車のギャルとお別れした後、ゲストハウスに向かう。

軽く事件が起こった。

ゲストハウスの便所で、マリファナっぽいモノを発見してしまった

マリファナかどうかは定かではないが、万が一がある。関わったらヤバい。この国で麻薬は重罪(死刑)である。確か日本人の死刑者も出ているはずだ

見なかったことにして去った。

万里の長城でも行ってみるか・・・

気を取り直して万里の長城行のバスを探し出し、乗り込む。

マダカナマダカな~~~

うーむ、、いつまでたっても着かねぇ!!!

終点まで乗っても着かなかった。
どうもバスを間違えたらしい。

攻略本(某旅行誌)に書いてある通りのバスNoに乗ったんだが・・・

情報が古かったんだろうか。

バスの終点でどうしようか佇んでいると、中国人のおっさんが話しかけてきた。

曰く「俺の車で万里の長城まで運んでやるよ」と

おっさんの車を見るとタクシーとかじゃなくて普通の自家用車である。

流石に怪しかったので、「なぜ俺が万里の長城行きたいのか分かったのか」を聞いてみた。
おっさんはあっさり答えてくれた。どうもバスを間違えてここに来る旅行者が多いらしい。

でその辺のおっさんがタクシーもどきみたいなことして小遣い稼いでると。

不自然な点はなかった為、乗り込んで値段交渉。
400円位で運んでもらえることになった。

一応、いつ銃を突きつけられてもいいように、車のカギはかけないで後ろの席に座ってシートベルトはしない、いつでもドアを開けて脱出できるスタイルで臨んだ(笑

おっさんは無事俺を万里の長城入口に運んでくれた。
シェイシェーーい!!

ムギトーロー(マック万里の長城店)

腹が減ったのでムギトーローでバーガーを食う。
マジで世界中どこで食っても味が変わらん(笑
安定感があってイイゾ!!

コートッキー(ケンタッキー 万里の長城店 )

更に腹が減ったので今度はコートッキーでチキンを食いまくる。
4本ぐらい食った。

一本100円くらいだった。日本より安ないか?

万里の階段をテクテク登り・・
おぉすげぇ
どこまで続いてンだ?
地の果てまで続いてンな。
万里の長城踏破ツアーとかねぇかな?
歩くのは楽しい
よくこんなの建てたな

壁にとまっている不気味な鳩を発見した。

不気味な鳩

この距離まで近づいても全く逃げる気配が無い。

首の毛が刈られてる。

・・・まさか監視鳩???

・・・うーんよくわからんが、こいつは最後まで逃げなかった。

中国の飯がきつく成ってきたので、セブンイレブンでおにぎりを買う

味の想像が着かねぇ(笑

牛肉おにぎりの中身。味は悪くない。

帰りにフラフラしてたらそごう北京店を発見した。


そごう北京店!!

余った全ての元をお土産に変換し、おうちかえる準備OK!

モンゴルで両替し忘れたよくわからんモンゴル通貨は北京では両替できなかった。

その日の夕方、無事飛行機に乗り込み羽田へ帰還。

今回も中々エキサイティングな旅だったぜ・・・


余談:
後日、銀行へ行ってびっくりした。
モンゴル通貨は日本国内では両替不能みたいだ。
8000円分くらいあったんだけど・・・あーあ~

追記
今回の旅のルート!

北京→大同→ニレンホト→ザミンウード(モンゴル)→ニレンホト→フフホト→北京

モンゴルはほとんど行けなかったけど楽しかったぜ!

中国デカすぎ・・

★過去の旅行記はこちら

①海外格安航空券予約

②海外現地ツアー予約

③海外格安レンタカー予約

コメント